×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

市販の塩ビ管でエアインテークシステムを作ってみました。
Ver,1.0ではエンジンチェックランプが点灯してしまったので、今回は配管径をワンサイズ太くして再トライです。

O2センサー部です。
塩ビ管はUV13・65・100・65-100継手(オフセット)・65エルボ・13エルボです。
センサー基部は塩ビ板で作成し、貼付けた後金属パテで隙間を埋め、鬼目ナットを埋め込んで、そこにO2センサーを固定するようにしています。

O2センサー部、内部です。
この配管径だとエンストを起こすため、センサー部のみ配管径を下げる目的で、塩ビ板を取付配管径を絞っています。

いっこ前に戻る
塩ビインテークシステム 『零10プロト Ver,2.1』

取付後です。
テスト中のため、遮熱テープ等は巻いていません。
今のところ、エンジンチェックランプ点灯も無し、エンスト等も起きていません。